ギリ島~ギリトラワンガン~旅行記①ギリ島ツアースタートはウブドから

今回の旅行の日程ですが、バリ島ウブドに3泊そしてギリ島で2泊、その後またバリ島ウブドに戻り2泊、そしてスミニャック2泊の計画をたてました。今回の記事はバリ島到着4日目の朝ウブドを出発するところから書いていこうと思います。

 

 

今回の旅行は、ギリ島ツアー参加以外はすべて個人手配の旅行です。
それについてはまた別記事に書きたいと思っていますが、バリ島ツアーにギリ島が含まれているツアーがあるかどうかは、ちょっとわかりません

 

以前バリ島旅行を計画したときに、『旅工房』さんにお願いしようとしたことがあって、旅工房さんは、個別の希望でスケジュールを組み立ててくれるのでとても自由度が高く好感触でした。バリ島ツアーでギリ島への組み込みを探している方は相談してみるといいかもしれません。

バリ島からギリ島ツアースタート

 

バリ倶楽部さんのギリ島ツアー参加が決り大まかなスケジュールもメールでやりとりして細かい所は、現地で都度要望を聞いてくれると言うことで旅行に出発しました。

 

私達はギリ島ツアーに参加する前にバリ島ウブドに3日間滞在していたので、その間にも、メールをもらい、ホテルに迎えに来てくれる時間や出発当日の朝食の事などを相談しました。

 

お迎え時間が朝7時15分、ホテルの朝食が7時~だったので、相談すると、「ホテルに出発時間を言って、朝食のテイクアウトができるか聞いてみて下さい」と教えてもらったので、宿泊費用等の精算を含めてチェックアウト前日の夜フロントで確認しました。

 

これひとつするにも英単語をただただ羅列して、何とか理解してもらい^^; 朝食のテイクアウトもしてくれることになりました。

 

あっ、それからギリ島へはスーツケースの持ち込みは何かと大変そうなので別に持参した旅行バックに2泊分の荷物を詰めて行きました。スーツケースもちゃんとバリ倶楽部さんのオフィスで預かってくれます。(^_^)v

 

チェックアウトの精算も前夜に済ませ、ロビーにてお迎えを待ちました。

ペットボトルのお水と箱に入った朝食は部屋に届けてくれました。。。が箱をのぞいたら食パン。。。とジャムとマーガリンでした。(笑

 

テイクアウトができるか聞く前に念のためパンも買ってあったので結局ホテルの朝食はバリ倶楽部のお迎え車の運転手さんに処分をお願いして食べませんでした。(ごめんなさい)(>_<)

 

ギリ島は日帰りできる?

 

バリ旅行にツアー参加の方は、ギリ島へ日帰りで行けないかな?と思う人もいるかもしれませんね。バリからギリ島へは船で約2時間。帰りは船の航路によっては約3時間かかるし、船の本数も多くはないので無理のようです。

 

もし日帰りならレンボンガン島がいいと思います。私もレンボンガン島は次回行こうと思っているのですが船で30分ほどで行けるようだし、こちらも日帰りツアーがバリ倶楽部さんで申し込めます。

 

レンボンガン島内の移動はバイクが主のようなので私は次回主人と行くときにはぜひ行きたいと思っています。

 

 

ギリ島 ツアーのガイドちゃん

 

前置きが長くなっていますが。。。

 

フロン前の椅子に座って待っていると、到着しましたよ~バリ倶楽部さんの車が。。。そして、何度もメールでのやり取りをしていた可愛い女の子のガイドちゃん。(^^)

 

バリ倶楽部さんのガイドは、今の所ギリでのガイドは日本人が担当しているそうです。これから変更になることもあるかもしれませんが、私達の担当は可愛い女の子の日本人ガイドちゃんでした。

 

ウブドからパタンバイ港までは約1時間。車は私達親子のみ。

 

車の中で朝食に買ったパンを食べて、以前小さな船で酔った事があるので日本から持って行った酔い止めを飲みました。これは、色々な方のブログを見て「けっこう揺れる」とリサーチ済で、酔い止めも日本から持参した方が良いとわかって準備しました。

 

服装は事前に下に水着を着て短パン。ビーチサンダルで、船内はクーラーが効いているのではおる物が必要と聞いていたので、それもぬかりなく準備しました。

 

この移動の間も、窓の外の景色を見ながらガイドちゃんがバリ島のお話しをしてくれました。

 

ギリ島行きボートとパダンバイ港

 

パタンバイに着くとスーツケースは、そのままバリ倶楽部さんの車にお願いして、2泊分の荷物を詰めた旅行バッグとリュックをしょって車を降りました。

 

港についてガイドちゃんが船のチケットを買ってくれて、荷物や自分に目印シールを貼ってトイレを済ませ、飲み物を飲みながら船の時間を待ちました。

 

30分ほどで船に乗る列に並び始め、いよいよ乗船。。。大きい荷物は、預けている人もいましたが、ガイドちゃんから、自分で持ち込んで乗船した方がスムーズと聞いて荷物は預けずに座席に持ち込みました。

 

私達が乗った船は大きめな船でしたが、どうやらバリ倶楽部さんで利用していたこの船は、変更になったようでHPに掲載されている船は私達が乗った船よりきれいでした(笑

 

船の上部にもオープンエアーの席があるようでしたが日焼けが怖いので辞めました。船は、ほぼ満席で、ガイドちゃんが言うには「今日は混んでます!」だったようです。

 

船は日本人は私達だけのようで、まだ日本人が少ないのがよくわかりました。

 

船にはトイレもあって途中少し行きたくなったけど、けっこう揺れていたので我慢してしまいました。船の前方にはモニターがあって映画が流れていましたが、もちろん英語なので私達には意味がありませんでした。時々目覚めてビデオを回す以外は、ほぼずっと寝てました。

2時間は長いと思っていましたが酔い止め薬のせいか、ほぼ寝ている間にギリ島に到着しました。

 

 

 

ギリ島~ギリトラワンガン~旅行記ギリ島ツアースタートまとめ

 

ここで、ちょっとギリ島とバリ島の違いのマメ知識を。。。(笑

バリ島の宗教は、バリヒンドゥと呼ばれるバリの地域により密着したヒンドゥ教の人が最も多く、ギリ島は、イスラム教の人が多いそうです。

そんなことからバリの人は牛肉を食べる人が少ないので豚肉や鶏肉のメニューが多く、ギリ島は、豚肉を食べる人が少ないため牛肉と鶏肉料理が多いそうです。

そして学術的にはインドネシアの中で、生物の生息種などが、がらっと変わる境界がギリ島あたりにあるそうで、そんなことからも同じインドネシアでもちょっと違う風土や文化なのかもしれません。

バリ島では、オプショナルツアーをのぞいた時間はすべて個人行動でしたが、ギリ島ツアーは言うなれば添乗員同行ツアー、しかも自分たちだけのツアーですから、すっかり頼り切って過ごしました。

そのため正直、旅行の情報としては少ないかもしれませんが、ツアーの体験記と言うことで見てもらえればと思います。(^^)

 

次の記事は こちら ⇒ ギリ島~ギリトラワンガン~旅行記②ホテルとピザとナイトマーケット

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

<スポンサーリンク>