バリ島旅行記ブログ~持ち物の詳細記録~母と娘の女子旅編

私達が今回のバリ島旅行に行くに当たり準備した物や準備したことを記録のためにも載せておこうと思います。

行き先がバリ島に限っての準備と言うわけではないものももちろんありますが、とにかく日数的に10日間と言うことと、自分一人の旅行では無くむすめと一緒の旅行なので慎重に準備した方だとは思います。

 

 

荷物は多めだと思います。これって女子旅にはありがちな気もしますが、もちろん旅慣れた人ほど荷物は少ないのかなとは思います。

 

バリ島旅行の持ち物は

 

準備したけれど、使わなかった物も含め載せてみます。

 

1.スーツケースの大きさは

 

私の場合、スーツケースはレンタルを利用しています。本当は自分好みのスーツケースを友としたいところですが、残念ながら自宅に置いておくスペースがないので都度レンタルしています。

 

スーツケースの大きさは毎回悩みますが私の場合持っていく着替えや荷物の他に、現地で買う予定のお土産のボリュームを考えます。

 

今回のバリは、アシタバのかごバッグやナチュラル石けんを買いたいと思っていたのでかなりかさばるだろうと思っていました。

 

着替え等は暑い国への旅なのでかさばらなくとも、お土産はかなりのスペースをとられそうだったので、飛行機の預け入れ荷物のサイズ制限や機内持ち込み手荷物の制限をチェックして、Lサイズで、チャックでサイズを変えられるタイプの物にしました。

 

 

ちょっと、おもちゃっぽくて、おばさんが持つには。。。とも思ったのですが、これと同じサイズを変えられるタイプの物は他にみつからなかったので決めました。

 

結局、帰りはチャックを空けて大きいサイズにして帰国したのでこれを選んで良かったです。

 

色はレーンで目立つように派手めな物を選んでいます。

 

⇒ レンタルキャリーバッグ【楽天】

予備バッグとしては、今回ギリ島へ行くに当たり、スーツケースをツアー会社に預けて3日程度の荷物を入れられるバックを持ち込んだので、それにも荷物を入れて機内持ち込みにして帰国しました。

 

あまり買物を予定していない人はいいかもしれませんが、買物も旅行の楽しみのひとつとしている人は預け入れ制限内で、大きめを選んでおいたほうが無難だと思います。

 

2.日本で購入したもの

 

細かく記入していきます。(笑

 

表の右側の○×△は

◎・・・持っていって良かった物
○・・・無くても良かったかな?な物
△・・・現地で買っても良かった物
×・・・いらなかった物です。

 

 

マスク
日焼け止めミスト
日焼け止めクリーム
虫除けキャンドル
虫除け
UVストール
折りたたみ洗面器
UVアームカバー
水着
浴用タオル
帽子
帽子クリップ
吸水タオル
干しヒモ ×
SDカード
アルカリ電池
懐中電灯
スケール
コンセント変換プラグ
ウエットティッシュ(除菌タイプ)
虫刺され薬
ビオフェルミン
酔い止め(船用)
圧縮袋
ライター
筆記用具
ノート
カップラーメン(赤いきつね) ×
インスタント味噌汁
インスタントコーヒー ×
レンタルビデオカメラ

上の今回購入した物の中で、特におすすめな物だけリンクを貼っておきます。

 

●結婚式を控えている娘と年齢的に日焼けしたくない私が南の島へ行くと言うことで、日焼け対策は気をつかいました。化粧の上からでも塗り直しをするには普通のクリームでは難しいのでスプレータイプも購入しました。

 

スプレー缶は飛行機に持ち込むのは不安だし日焼け止めは日本製の方がいいかもとあちこちで見かけたので、このミストタイプを探しました。

 

メイクの上からスプレーして手で押さえてなじませることができるのでまめにつけ直せて良かったです。

 

 

⇒ UVフェイスミスト【楽天】

 

●このタオルは吸水力が高い物です。ブログ回りをしているときに、旅先で洗濯する場合はこのタオルでくるんで,軽く絞ってから干すと部屋に干すときに水がしたたり落ちる事が無くていいとみつけたので持っていきました。

洗濯するつもりの人にはオススメです。

⇒ トラベル タオル 【楽天】

 

●こちらも、洗濯するつもりの人にはオススメです。なんとなく自宅ではないから洗面所にお湯を直接貯めるのは躊躇する時もこれがあるおかげで安心感がありました。

 

⇒ 携帯用洗面器【楽天】

 

●虫除けも、ブログを見ていて知ったのですが、季節のせいなのか、これのおかげなのか、蚊に刺されたのは、夜、ヴィラでこれをはずしてプールに入ったときに刺された1カ所のみでした。効いていたような気がします。

 

ボタン電池を入れて使いますが、スイッチを入れてマジックテープで体につけて使用します。シャワーを浴びた後に虫除けクリーム等をつけなくていいのも嬉しいです。私とむすめはいつも足首に巻いていました。

 

●虫除けキャンドルは、バルコニーなどのテーブルにおいて使っていました。雰囲気もよくなるし良かったです。ただ、席を立つときは必ず火を消して下さいね。消し忘れて火事になると大変ですから。

 

 

⇒ フマキラー どこでもベープ 携帯【楽天】

 

⇒ 虫除けキャンドル【楽天】

 

●コンセント変換器は、持ち物によって変わると思いますが、私は今回、カメラバッテリー、スマホ2台、ビデオカメラバッテリーの充電が必要だったので、USBが2つと日本のコンセント型が2つ使えるこのタイプを持っていきました。

 

 

⇒ 海外用マルチ変換タップ【楽天】

 

スマホのみの場合は、USBのみの物でいいと思います。韓国に行ったときはこれでした。

 

 

カメラ、ビデオカメラ、スマホは世界対応されている場合がほとんどで、その場合はコンセントジャックの変換器のみで大丈夫ですが世界対応できていない電化製品を持ち込む場合は電圧の変換器も必要です。確認して下さいね。

●ラゲッジスケールは、荷物の重さを量ります。飛行機の重量制限に引っかかって追加料金をとられないか不安になるので必ずこれで確認しています。

 

懐中電灯は、ギリ島に行くために持っていったので、バリ島のみの場合は必要ないと思います。

 

シュノーケリング用

・度付き水中メガネ
・度付きサングラス
・ラッシュガード

 

●シュノーケリングするときにコンタクトレンズ使用は不安だったので思い切ってこれを買いました。買って良かったと思っています。

 

●ラッシュガードを着たままシュノーケリングをしたせいか日焼けはほとんどしませんでした。絶対日焼けしたくない人は、手まで隠れる物がおすすめです。

 

⇒ ラッシュガード【楽天】

水中メガネを度付きにしたので、度付きサングラスも作りました。J!NSで1万円ほどで作れましたが、私が作った後で、メガネに磁石でサングラス用レンズを装着できるものが発売されてガッカリしました。

 

新製品お店でつけてみましたが、違和感が無くて良かったです。(>_<)今回、コンタクトレンズ、普通のメガネ、普通のサングラス、度付きサングラスと3つもメガネを持っていったので負担に感じました。J!NSの取り外しができるサングラスオススメです。

・絆創膏
・消毒液
・痛み止め
・胃薬
・アレルギー用薬
・洗濯洗剤
・おしゃれ着用洗剤
・化粧水
・クリーム
・クレンジング
・シャンプー
・トリートメント
・コンタクトレンズ
・めがね
・下着(5セット)
・着替えの服

(長ズボン・短パン・レギンス・スウェットスカート・Tシャツ・ブラウス・長袖カーディガン・麻のワンピース)

・就寝用の服(2組)
・45リットルゴミ袋(5枚)
・ポケットティッシュ
・ホテルやオプショナルツアーの予約のコピー
・海外保険の利用書
・本
・割り箸
・航空券(コピー)
・パスポート(コピー)
・レンタルヘアアイロン
・くつした
・スニーカー
・はき慣れたぺたんこサンダル(バックベルト付)
・ヘアーブラシ
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・ハンカチ

・ゆかり

・脱毛クリーム

化粧品やシャンプー類は、普段使っている物を持っていった方がいいとみかけたので百均で容器を買って詰替えていきました。

持っていくシャンプーの容量に悩みましたが、2人で10日間使って100ミリリットルであまりました。

 

歯ブラシはバリでもギリでも無いところが多い様なので持っていくか、現地で買っておいた方が良いと思います。

 

石けんやボディシャンプーはホテルに置いてある物を使いました。

 

浴用タオルは、麻でできた乾きやすい物を持っていきました。スポンジでは背中が洗えないのでタオルの方がいいです。

 

着替えは、お寺などに行くときは長いパンツの方がいいと思い持っていきました。カーチャーターの車や飛行機の中など以外と冷えるので長いパンツや長袖カーディガンはあった方が良いと思います。

 

短パンは、ギリ島へ行く船が、砂浜(水際)に着くときもあるようで水着を着用した上に短パンでとツアーガイドから言われたので持参しました。薄い短パンやサンドレス、ブラウス、Tシャツは現地でも買えます。

 

一枚麻のワンピースを持っていったのですが、バリで着ると浮いてしまいそうだったので一度も着ませんでした。現地で着るには現地で買ったサンドレスやブラウスが一番良いと思いました。町を歩いている人はほとんどがラフな格好でした。(注・高級な所には行っていません)

 

ビーチサンダルはスーパーで買いました。鼻緒がやわらかい物を選んで下さいね。私が買ったのは当たりでしたが娘が買ったのははずれでした。(笑

 

むすめは革のサンダルも現地で買ったのですが、靴擦れして消毒薬や絆創膏が役立ちました。歩き慣れた物を持参した方が無難です。

 

就寝用の部屋着はやはり長ズボンを持っていきました。部屋はクーラをつけていたので私はちょうどよかったです。

 

45リットルのゴミ袋は、雨が降ったときに上部に穴を空けてスーツケースにかぶせて使ったり洗濯していない着替えを持ち帰る時に使えるのでいつも持っていきます。

 

今回のうっかりは、割り箸で、お味噌汁やカップラーメンを持っていったのにお箸を忘れてしまい現地のスーパーでフォークを買いました。和食が恋しくなった時用に、赤いきつねを持っていきましたが食べる機会はありませんでした。

 

お味噌汁は飲みました。辛のカップラーメンは現地のスーパーで買って食べました。

 

私は寝起きにまずコーヒーを飲みたい人なのでインスタントコーヒーを持っていきましたが、泊まったホテルにもおいてあったし、スーパーやコンビニで缶コーヒーや紙パックコーヒーが買えたので行ったときに買って冷蔵庫に入れておいて飲んだので必要なかったです。

 

旅行では、ビールも飲んだし、美味しい物もたくさん食べたので胸焼けしましたが胃薬も持っていたので役立ちました。

 

薬をかなりいろいろ持っていたので、不審がられると怖いと思い英単語を調べて薬をまとめた袋にマスキングテープを貼り薬の用途を書いておきました。が、別に何も言われませんでした(笑

 

ヘアアイロンは、スーツケースをレンタルすると800円ほどでレンタルできたので借りていきましたが一度も使いませんでした。アイロンなんてかけたって汗をかいたら意味がありませんでした~。^^;

 

行く前に縮毛かけて行けば良かった。暑いのでずっと結んで帽子かぶっていましたが、くせ毛なので前髪がたいへんな事になっていました。(笑

 

ビーチサンダルは買いましたが私は基本的に足を冷やしたくないのでホテルの部屋にいるときはいつも靴下をはいていたし、町を歩くときはバックベルトのあるサンダルを履いていたので履くときはありませんでした。

 

娘が買ったビーチサンダルがハズレだったので娘が私のを履いてました。

 

3.バリ島で購入したもの(お土産以外)

 

・蚊取り線香(強力タイプ)
・ティッシュ(箱)
・ポケットテッシュ
・フォーク
・カップラーメン(辛)
・サンドレス2枚
・ワンピース風ブラウス1枚
・ショール風ボレロ
・ビーチサンダル
・缶コーヒー&紙パックコーヒー
・水&ジュース&ビンタンビール
・お菓子
・栓抜き

 

 

蚊取り線香は日本と同じ緑の物あったんですが、なんかこの赤いの強力そうに見えて選びました。(笑

蚊取り線香を使ったのは森の中にあるバグースジャティに泊まった時だけです。

 

 

ビーチサンダル、右が娘が買ったけど、はずれだった物。左のワインカラーが私が買った当たり(笑

日本名が書かれていますよね。恵さんが作ったのかな?

 

向こうで使う物は、ほとんどCOCOマートで購入しました。ウブドとスミニャックのCOCOマートに行ったんですが、ウブドの方が安かったです。日本と同じで、やはり土地の価格を反映してるのかも。。。ホントは、ビンタンスーパーが安いとドライバーに聞いたんですが、たまたま近くに無かったのでCOCOマートで済ませました。

 

スーパーに入るときに、荷物を預けて入店するしくみのようなんですが、貴重品が入っている物は預けませんでした。お土産の食品類もスーパーで買ってしまいました。

サンドレスなどは地元の人の衣料品店で少し値切って買った方が安かったけど、交渉が面倒になってスーパーで買ってしまいました。(笑

欧米の人が経営のブティックは、外から見ると可愛い物が並んでいたけど価格も日本と変わらないので、あえてバリで買う気にはならず、地元の人のお店とスーパーですませてしまいました。

ヌサドゥアあたりに滞在ならオシャレしたくなったのかな・・・?

 

バリ島旅行記ブログ~持ち物の詳細記録~まとめ

 

私達が泊まったホテルは、町中が多かったので、たいがいの物は現地で買えました。

 

ただ、化粧品や薬は、自分の肌や体にあうかどうかがわからないので普段使っているものを持参した方が安心だと思います。

 

海外に行くときに私が心配になるのは、日本食が恋しくならないか?なんですが、バリは日本食のお店が多いので事前に自分が行く付近にある日本食のお店を調べておけば大丈夫です。

 

私は、ギリに行くことと、森の中にも宿泊予定があったため念のため和風のカップラーメンを持参しましたが、食べずに置いてきました。インドネシアはお米が主食なのでお味噌汁とゆかりは美味しく食べました。

 

朝食メニューにおかゆがあることが多いので、おかゆとゆかりがさっぱりして美味しかった~ (^^) なんだかんだ主食がお米のアジアは、日本人にはなじみやすいのでしょうね。

 

次は持ち物以外に準備した物を載せてみようと思います。

 

次の記事はこちらからどうぞ ⇒ バリ島旅行記ブログ~旅行のための準備~母と娘の女子旅編

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

<スポンサーリンク>