沖縄旅行記那覇空港のポークたまごおにぎりとガンガラーの谷

羽田空港ANA6:10発の飛行機で初めての沖縄旅行へ出発しました。到着予定時間は8:55です。本当はもう1本後でもよかったのですが空席が無かったので、遅いよりは早いほうがいいと考えて決めたのですが空港直行バスの時間を調べるとちょっと微妙。。。と、言うわけで息子にお願いして車で送ってもらいました。(出発が日曜日でよかった~)

 

 

海外へ行くときはトイレに行くときに、他の人に遠慮してしまいそうなので通路側にするんですが、国内線なら平気でしょ!と思い窓際を予約。それから。。。富士山が見えるのは。。。右側の席!

 

 

おかげで、きれいな富士山が見えました。

 

那覇空港で朝食購入

 

ところが、不安的中で那覇空港上空に近づくと段々雲行きが。。。那覇は雨でした。(T_T)

 

 

空港に着いて、まずは朝食を買いに。。。名物のポークたまごおにぎりです。このために家からコーヒーのみで朝食は食べずに行きました。

お店をみつけたら。。。ならんでます。。。やっぱり人気なんですね。ならんでいるときにメニューを渡してくれるので、注文はスムーズでそれほど待たずに買う事ができました。

 

 

は、早く食べたい~! けど、レンタカーが先!

私たちが予約した喫煙車があったフジレンタカーさんは空港からシャトルバスで10分ほどの所にお店があるのでそれを利用して移動します。

レンタカー屋さんのシャトルバスのある場所は空港を出て正面の道路をわたったところですぐにわかりました。

 

ただ、いろいろな会社のバスがあるので自分が予約した会社を間違えないようにしなくてはいけません。

 

 

何とか、レンタカーに乗り込み、まずはナビを設定して、雨の中を出発しました。

 

そして。。。いよいよ朝食のポークたまごおにぎりを、いただきま~す!!\(^_^)/私たちが買ったのは、海老フライと明太子と島豆腐。

 

 

ひとつがけっこう大きいので2個にするか3個にするか迷ったけど、やっぱり3個買っちゃいました。最初は島豆腐は買う気がなかったんだけど、前にいた人がけっこう頼んでいたので「美味しいのかも?」と思って頼んでみました。

 

そしたらね。。。これが、最高に美味しかった!!確かお値段は高めだったけどボリュームもあるし、島豆腐2つにすればよかったと、ちょっと後悔しました。生揚げ(厚揚げ)とタレがとっても美味しかった。おすすめです。(*^_^*)

 

ガンガラーの谷へ

 

ガンガラーの谷は、前に併設してるカフェを画像で見て知りました。私は洞窟とかが好きなので、沖縄に行ったら行きたいと思っていた場所のひとつでした。

 

駐車場に車を止めてから入り口までは少し歩きますが,入り口に行く前にトイレと喫煙所があります。トイレも喫煙所も、ここしかありませんから、済ませてから行った方がいいです。

 

・ガンガラーの谷とは?

 

数十年も前に鍾乳洞だった所がくずれてできた場所だそうで、そこが森になって残っています。

 

1万8千年前の人『港川人』の遺跡などがみつかっていて、今でも発掘、研究が続けられている貴重な地域になっています。

 

ガンガラーの谷の発掘でわかってきた旧石器人の暮らしがアニメにされたそうです。
お借りしてきたので一応貼っておきますね。子どもを連れて行くときなどは,事前に一緒に見ておくとイメージが膨らむかもしれませんね。

 

 

ここが、ガンガラーの谷の入り口です。

 

 

ツアーが始まる前に、ひとりひとつずつ飲み物を渡してくれました。よく冷えたさんぴん茶でした。さんぴん茶とは、沖縄では定番のお茶で別名ジャスミン茶。私が昔中国料理のお店で飲んだものは、花の香りが強くて苦手でしたが、こちらは気にならなくて飲みやすかったです。

 

 

所々でガイドさんがいろいろ説明してくれます。

 

 

ガジュマルの木。ギリ島のホテルにもたくさんガジュマルがありましたが、この木ってなんか神秘的な感じがします。沖縄ではガジュマルの木にはキジムナーと呼ばれる木の精霊が住んでいると言われ信仰の対象にもなっています。このキジムナーに気に入られると家は繁栄し嫌われると災いがあるともいわれているそうです。

 

 

小川も流れています。

 

 

 

途中で、暗い洞窟内に入るときはひとりひつずつランプを渡してくれます。なんだか、わくわく!(^^)

 

 

 

カフェは誰でも利用できますが、ガンガラーの谷を見て歩くにはガイドツアーへの参加が必須なので事前にネット予約をしておきました。定員が決っているので行く人は予約しておいた方が確実です。

 

所要時間は1時間20分ほどで車いすやベビーカーは利用できません。ペット同伴も不可です。

 

ツアー料金は大人2.200円(保護者同伴の中学生以下は無料)
高、専、大学生は1.700円です。

【住所】 〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川202番地。
【アクセス】 路線バス利用はモノレール旭橋駅、バスターミナルから乗車

 

ガンガラーの谷 鍾乳洞カフェ・ケイブカフェでコーヒーとアイス

 

少し早めに着いたので、予約していた時間よりひとつ早い時間に変更してくれました。それでも、ツアースタートまでちょっぴり時間があったので併設のカフェ、ケイブカフェで、コーヒーを飲みました。

 

 

ここのカフェで飲めるのは、沖縄の【35コーヒー】と書いてスリーファイブコーヒー。

 

焙煎するときに風化した(死んだ)珊瑚を国の許可を得て利用しているそうで、売上げの3.5パーセントは珊瑚の再生プロジェクトに活用されています。店舗は沖縄各地にあります。

 

 

そして、この【35コーヒー】はアイスもあって『塩ちんすこう』のアイスをみつけたので食べてみました。私、ちんすこうが大好きなんで、これも楽しみしてました。

 

美味しい~!!コクがあってとっても美味しいアイスでした。(*^_^*)沖縄で有名な【ブルーシードアイス】、ここの『塩ちんすこうアイス』も食べてみたんですが、私は断然35コーヒーの方が気に入りました。

 

ブルーシードアイスの表示を見たら乳脂肪が8パーセント以下でアイスクリームでは無かったので(乳脂肪8パーセント以上のものがアイスクリームと呼ばれています。)あっさりしたアイスが好きな人はブルーシードの方が好みかもしれませんね。

 

私は、断然アイスクリーム派なので【35コーヒー】の方が気に入りました。

アイスクリームの話しで、ひとり盛り上がってしまいましたが、残念ながらこちらカフェでは食事はできません。

 

ガンガラーの谷に行くときの服装と準備

 

季節にもよるかもしれませんが、ガンガラーの谷は、森の中なので、やはり虫除けはしていった方が良いと思います。そしてできれば長袖、長ズボンの方がおすすめかな。。。

 

おすすめしないのは、すべりやすいサンダルです。実は主人は、雨交じりの天気だったため革のスニーカーが汚れるのを恐れてクロックスで行ったら、けっこうすべったようです。(※険しい道はありません。)

 

もちろん、地面が雨上がりで濡れていたせいもあるかもしれませんが。沖縄の天気は変わりやすいようなので、行くときの天気予報が晴れでも途中で雨にふられる事もあると思うので、土の上や岩の上を歩く予定があるときは、布製などの汚れを取りやすいスニーカーで行くのが一番いいと思います。

 

雨天でのツアーは、その時の状況によってのようですが、私は一応100円均一のレインコートを持っていきましたが、現地でも販売は、されているようです。

 

動画を撮ってきたので貼っておきます。良かったら見て下さい。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

他の記事はこちらです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

<スポンサーリンク>